欲しい時に欲しい分だけ! オリジナルなシールが作れます。

必要なものは、パソコンとプリンターとラベル用紙だけ!

YuNAのテンプレートなら、オリジナルなシールがどんどん作れる。

 

YuNAがご提供しているテンプレート、 かわいいのが色々あるけど、一体これって何に使うの? と思っていらっしゃる方も多いはず。

 


シールにしたり、名刺にしたり、メッセージカードやポストカードにしたり、
ホームページのバナーの材料にしたり…、と色々な使い方ができるのです。

 

 


ラッピングや封緘のワンポイントにはるシール、
DMや手紙の発送時に使う宛名シールやアドレスシール、
お店のフライヤーやチラシにスタンプ代わりにはるシール、などなど・・・。
必要になった時に必要な分だけすぐにプリントして作ることができたら
とても便利で経済的だと思いませんか?

 

seal-iroiro

 

シールを作るのはいたって簡単! 
パソコンとプリンターを持っているなら、あとはラベル用紙を用意するだけです。

 

 

おすすめソフトは、エーワン「ラベル屋さん9」

 

YuNAのテンプレートでシールを作る場合、
エーワンの「ラベル屋さん9」のご使用を推奨しています。
「ラベル屋さん9」は、会員登録やインストール不要ですぐに使える無料のサービスで、
使い勝手も良く、安心してお使いいただけます。

 

くわしい情報は、こちらをラベル屋さん.comをご覧ください。

 

 

用途に応じて色々なシールがつくれます。

 

YuNAのテンプレートには、3種類の大きさがあります。(2014/9現在)
それぞれ、シールにする際に最適なサイズがあります。

例えば、ワンポイントシール正方形のテンプレートは、
30mm角以下の大きさのシールを作るのに適しています。

 

(1)402×402 px 30×30mm、20×20mmの正方形のシールを作るのに最適

(2)744×272 px 60×20mmの細長いシールを作るのに最適

(3)709×402 px 56×30mmの長方形のシールを作るのに最適

 

temp-size

 

そして、プリントするラベル用紙も厚めのもの薄めのものや、光沢のあるものないものなど、
たくさんの種類がそろっています。
※YuNAでは、「ラベル屋さん9」と同様にラベル用紙もエーワン社のもを推奨しています。

 

どのテンプレートをどのラベル用紙にプリントするかで、
色々な大きさ・かたち・質感のシールを作ることができるのです。

 

では実際、シールを作るのにどんなラベル用紙を準備すればいいのでしょうか?
次の章では、シール作りのための一番シンプルなラベル用紙の選び方をご説明します。

 

定番として、YuNAが推奨しているラベル用紙はこちらをご覧下さい☆